COLUMN for DivingShop

LINE公式アカウントの活用方法!参考にしたいオススメの成功事例5選

  • LINE公式アカウント
  • 集客

LINE公式アカウントの活用方法!参考にしたいオススメの成功事例5選

INDEX

今やLINE公式アカウント(旧LINE@)は、ビジネスにおいて必要不可欠なツールになっています。

それはうまく活用すると集客やリピーター獲得の効果があるからです。

ですが、いまひとつLINE公式アカウントを使いこなせないと感じている企業や店舗も少なくありません。
ダイビングショップ様でも「LINE公式アカウントに興味はあるが活用方法がイメージできず、アカウント開設に踏み出せない」「LINE公式アカウントを運用し始めたが、いまいち成果が出ない」といった悩みをかかえていませんか?

この記事ではLINE公式アカウントを有効に活用し、実際に行われた集客や売上アップ・リピート率の向上に効果的な取り組みや事例を5つ紹介します。

LINE公式アカウントには、通常のLINEにはないたくさんの「集客用の機能」が備わっています。
実際、どのようにLINE公式アカウントを活用しているかを知ってうまく使うことで、より良いダイビングショップ様のLINE公式アカウントの運用に役立てることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

LINE公式アカウントの基本機能や作成方法、利用するメリット・デメリットについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。
https://bitknot.co.jp/column/20009/

参考にしたいオススメの事例5選

さまざまな職種の企業・店舗がいろいろな悩みをかかえ、LINE公式アカウントをうまく活用してそれぞれの課題を解決しています。

ここでは各企業・店舗のLINE公式アカウントの運用の「目的」それに対する「施策」とその「成果」をまじえて、ダイビングショップ様LINE公式アカウントの運用のヒントになり得るオススメの事例を5つ紹介します。

事例1 ESOH個伸塾

 ESOH個伸塾

業種

個別指導塾

目的

身近なLINEを使ってコミュニケーションをとり、生徒や保護者との距離を縮める

施策

コロナ禍での対策を電話やメールの代わりにいち早くメッセージ発信

メッセージ配信やLINEチャットを使って、気軽に生徒や保護者とのコミュニケーションを活性化

成果

LINE公式アカウントの開設前後の2年間で退塾率は約28%減少

電話やメールの対応に割いていた時間を、「ひとりひとりに寄り添う学習」に充てられている

ダイビングショップ様でこの施策を取り入れたい場合、ユーザーから体験ダイビングの予約やそれについての問い合わせ、器材の販売・メンテナンスなどの相談でLINEアプリのチャット機能で問い合わせがあった際などで役立ちます。

ひとりひとりに寄り添い細かなやりとりを行うことができるため、ユーザーの安心や満足度を得られリピート率の向上にもつながります。

事例2 株式会社K Village Tokyo

株式会社K Village Tokyo

業種

語学学校・留学サポート

目的

伸び悩んでいる体験レッスンの申し込みを増やすために中間ゴールを設け、より多くの顧客にサービスを利用してもらう接点を増やす

施策

「まずは体験レッスンを受けたい」と思ったユーザーがアクションしやすくなるよう、リッチメニューに体験レッスンの申し込みへのリンクを設置

中間ゴールである友だち追加後、LINE上でのコミュニケーションで少しずつ興味心を育て、体験レッスンの申し込みにつながるようにアカウントを設計

成果

2021年6月の時点で、LINE公式アカウントの友だち数は3万人以上になった

ダイビングショップ様でこの施策を取り入れたい場合、たとえば「本格的に始める前にちょっとお試しで体験ダイビングをしてみたい」と思ったユーザーがアクションしやすくなるように、リッチメニューに体験ダイビングの申し込みへのリンクを設置します。

水中の世界を体験したのち友だちに追加してもらえたら、LINE上でのコミュニケーションを通じてもっと本格的なダイビングやダイビングショップ様に興味を持ってもらいましょう。

最終的にダイビングショップ様の常連のリピーターになってもらったり、本格的なダイビングを楽しんでもらえることを目指したりといった使い方もできます。

事例3 SUZU CAFE

SUZU CAFE

業種

飲食事業

目的

リピーター育成や売上アップ

施策

エリアごとのブランドアカウントを開設して店舗共通の情報を発信

ショップカードでは個人だけでなく、グループで利用できる特典も用意することでリピートを促す

ユーザーに確実に届けたい情報を配信する際はカードタイプメッセージを活用

成果

ショップカードはLINE公式アカウントを友だち追加した全ユーザーの約半数が利用し、リピーター育成に貢献

カードタイプメッセージを活用した配信メッセージは開封率70%前後を記録

ダイビングショップ様でこの施策を取り入れたい場合、たとえばショップカードのゴールまでのポイントを最大20ポイントに設定し、来店につき1ポイント貯まるようにして10ポイント貯めるごとに特典がもらえるようにしてもいいでしょう。

「曇り止めスプレーのプレゼント」や「グループ全員5%OFF」などの特典を設定し、来客アップの効果を高めリピーター育成につなげましょう。

来店数が落ち込みすい雨の日にはポイントを2倍付与するなど、雨の日でもダイビングショップ様へ行きたくなるように促すことも大切です。

事例4 東急株式会社

東急株式会社

業種

不動産事業、交通事業、ホテル・リゾート事業、生活サービス事業

内スーパーマーケット「東急ストア」

目的

スマートフォンを介してユーザーとの関係性を強化したい

顧客分析を行い、ユーザーのニーズを把握したい

施策

LINE公式アカウントとLINE Payを導入し、集客から決済、情報発信までのユーザーコミュニケーションをLINE上で実現

既存のポイントカードの会員情報とLINEアカウントのID連携を推進し、メッセージやクーポンをユーザーごとに出し分けて配信

成果

メールに比べLINE公式アカウントから配信したメッセージの開封率が16.0%から76.4%に大幅増加し、クリック率も約6倍になった

ID連携を行ったユーザーの月間平均来店数が約130%に増加

ダイビングショップ様でこの施策を取り入れたい場合、同じようにLINE公式アカウントとLINE Payを導入して集客から決済、情報発信などユーザーとのコミュニケーションを全てLINE上でできるように活用してみましょう。

既存のポイントカードがあるなら会員情報とLINE公式アカウントのID連携を推進して、メッセージやクーポンをユーザーのニーズにあわせて出し分けて配信してみるのも効果的です。

ID連携をすることによってLINE Payの使用時だけでなく、ダイビングショップ様で実際に購入した金額が把握できるようになり、より詳しくデータ分析が可能になります。

事例5 株式会社鉄人化計画

株式会社鉄人化計画

業種

カラオケルーム運営事業

目的

集客や売上をアップ

施策

事前アンケートで選ばれたクーポンを配信

天気が良くない日には、24時間限定で「室料3時間」+「ソフトドリンク飲み放題」が500円になるゲリラクーポンを配信

成果

事前アンケートで選ばれたクーポンの開封率は約30%あり、使用率も高かった

ゲリラクーポンの利用開始時間の前から並ぶ方もいた

ダイビングショップ様でこの施策を取り入れたい場合、まず友だちユーザーに「ファンダイビングの割引」や「グループ全員のダイビング器材の割引」「ショップオリジナルアイテムのプレゼント」など複数の選択肢から「欲しい」と思うクーポンを選んでもらうアンケートを配信してみましょう。

そこで好評だったクーポンを配布してみてユーザーの反応が良くなることで来店につながり、集客・売上アップの効果が期待できます。

LINEの公式サイトに他にもたくさんの事例が載っています。
気になる方はこちらも参考にしてください。
https://www.linebiz.com/jp/case-study/

まとめ

この記事ではLINE公式アカウントを有効に活用し、実際に行われた集客や売上アップ・リピート率の向上に効果的な取り組みや事例を5つ紹介しました。

LINE公式アカウントの活用方法の幅は広く、店舗・企業によって使い方はさまざまです。

まず、ダイビングショップ様でLINE公式アカウントをどのような目的で使いたいのか、最終的にどんな成果を得たいかを明確にすることが大切です。

成果を出すには成功したり失敗したりしながら学んでいき、運用のポイントを押さえた上で定期的に分析をして改善していくことが重要です。

ダイビングショップ様のLINE公式アカウントの運用に役立ててみてください。

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら