COLUMN for DivingShop

Facebook広告で集客UP!機能・料金・出稿方法をまるっとご紹介

  • Facebook
  • Facebook広告
  • SNS

Facebook広告で集客UP!機能・料金・出稿方法をまるっとご紹介

INDEX

集客のためにSNSを運営しているダイビングショップ様も多いかと思います。

SNSは身近なものになり、最近では利用者の多いSNSは広告を出す媒体としても人気があります。
中でもFacebookは利用者の多く、Facebookの利用者は世界で26億人ともいわれています。

この記事ではFacebook広告を検討している方向けにFacebook広告のメリットや広告の出稿の手順をご説明します。

Facebook広告を出稿する際にはFacebookビジネスマネージャの利用がおすすめです。
Facebookビジネスマネージャは無料で利用でき、アカウントを取るのも難しくはありません。

Facebookに広告を出稿すると、Facebookだけでなく、Facebook社と連携しているInstagramやMessengerなど同時に4つの掲載先に広告を出せます。
Facebook広告はFacebook利用者のデータを活用した精度の高いターゲティングも魅力です。

自店のFacebookのフォロワーだけなく、たくさんの人にダイビングのすばらしさやサービスをPRしたいとお考えの方はこの記事を参考にFacebook広告をご検討ください。

Facebook以外の人気あるSNSにも広告を出せます。

SNS広告に関心のある方はSNS広告について書いた記事もありますので、ぜひ読んでみてください。
SNS広告を集客に活用しよう!4大SNS広告の特徴とリスティング広告とのちがい

Facebook広告とは?メリットは

 まずはFacebook広告がどんなものなのか、Facebook広告のメリットをかんたんにご説明します。 

Facebook広告とは

Facebook広告を出稿するとFacebookのほか、4つの掲載先に広告を出せます。
掲載先は以下の4つです。

①Facebook

②Instagram

③Messenger

④Audience Network(オーディエンスネットワーク)

FacebookやInstagramのタイムライン、Facebookでも使われているメッセージアプリのMessengerに広告が表示されるほか、Audience Network(オーディエンスネットワーク)でFacebook社が連携しているモバイルアプリや食べログ、Rettyなどでも広告が表示されます。

Facebook広告のメリット

Facebook広告のメリットは広告をたくさんの人に見てもらえることです。
Facebookの日本の月間アクティブユーザーは約2600万人、同時に広告を出稿できるInstagramの月間アクティブユーザーは3300万人を超えます。

さらにMessenger、Audience Networkにも広告が表示されるので、自店のSNSフォロワー以外の幅広い層にアプローチできます。
また、Facebook広告は実名登録のFacebookのデータを活用しているので、ほかのSNS広告に比べてもターゲティングの精度が高いのもメリットです。

 出稿できる広告フォーマットも豊富で、写真や動画を使った魅力的な広告を自分でつくることができ、自店のホームページなどのリンクも貼れます。

Facebook広告の出し方

ここからはFacebook広告の出し方の手順をご説明します。

Facebook広告はFacebookページからも出せますが、Facebookビジネスマネージャを使うと複数人での管理ができるなどの利点があるのでFacebookビジネスマネージャを使ったやり方を解説します。

広告を出稿する前に、Facebookビジネスマネージャに登録して広告アカウントを取って準備し、広告を出稿します。
少し手間がかかりますが、Facebookビジネスマネージャの登録、広告アカウントを取る作業は最初の1回のみでそれほど難しくもありません。

 Facebook広告を出す準備をしよう

先ほども述べましたが、Facebook広告の管理はFacebookビジネスマネージャを使うのがおすすめです。

Facebookビジネスマネージャは無料で使えます。

Facebookビジネスマネージャを使うと、複数人でFacebook広告を管理でき、詳しい広告の効果を見ることができます。
Facebookビジネスマネージャのアカウントを取るにはFacebookページが必要です。
Facebookページを持っていない場合は、Facebookページをつくりましょう。

また、Facebookページを作成するにはFacebookアカウントが必要です。

これからFacebookページをつくる方は、Facebookページについて書いた記事もありますので、参考になさってください。
Facebookページとは?作成するメリットとページの作り方

以下、Facebookビジネスマネージャの登録、広告アカウントの取り方を説明します。

準備1 Facebookビジネスマネージャに登録する

①下のリンクで飛ぶとFacebookビジネスマネージャの作成ページに飛びます。
https://business.facebook.com/overview

ページに飛んだら、ページ右上の「アカウントを作成」のボタンを押します。

②アカウント作成の画面になるので、会社名、氏名、メールアドレスを記入して「送信」を押します。
広告についての連絡がくるので、仕事で使うメールアドレスを登録するのをおすすめします。

準備2 Facebookページを紐づける

 作成したFacebookビジネスマネージャにFacebookページを登録して紐づけます。

①ビジネスマネージャのメニューから「ビジネス設定」タブを選びます。
②「アカウント」をクリックして「ページ」を選択。
③「追加」ボタンを押してFacebookページの名前かURLを入力します。

準備3 広告アカウントをつくる

 広告アカウントはFacebookビジネスマネージャでつくります。

①Facebookビジネスマネージャのメニューから「ビジネス設定」タブを選びます。
②「アカウント」をクリックして「広告アカウント」を選択して広告アカウント名を設定。

Facebook広告をつくって出そう

Facebookビジネスマネージャに登録し、広告アカウントを取ったら準備は完了です。
ここからはFacebook広告を出す手順をご説明します。

 Facebook広告を出すには大きく3つの手順があります。
「キャンペーン」「広告セット」「広告(クリエーティブフォーマット)」を設定していきます。

設定は広告アカウントで設定できます。

キャンペーンを設定する

 キャンペーンでは広告を出す目的、購入タイプを設定します。
「キャンペーン」のタブを選んで「作成」をクリック、購入タイプとキャンペーンの目的を選んでキャンペーンの名前をつけます。

 購入タイプを選ぶ

 購入タイプは以下の2つです。
リーチ&フリークエンシー購入は一部の広告主向けで、利用できないこともあります。

・オークション購入
オークションで広告の料金が決まります。

どれくらい広告が見られるのかの予測はしにくいですが、広告掲載のスケジュールや広告のターゲット、広告の配置などの選択肢は多く、柔軟に運用できます。

・リーチ&フリークエンシー購入

広告が1000回表示されるごとに料金が発生するCPM課金で料金は固定されています。
事前にリーチ、1日の予算消化の金額、広告の配置分布などを予測。どれくらい広告が見られるかを細かく管理するのが特徴です。

 キャンペーンの目的を選ぶ

 Facebook広告のキャンペーンは以下の5つを目的にすることが多いです。
広告を出す目的は何かをしっかり考えて設定するのが大切です。

 ・ブランド認知度アップ
商品やサービスを広告で見て、覚えていてくれそうな人をターゲットに広告を表示

 ・リーチ
たくさんの人に広告を見てもらう

・トラフィック
お店のホームページや商品のリンクなどに広告を見ている人を誘導

・動画の再生数アップ
たくさんの人に動画を再生して見てもらう

 ・コンバージョン
商品購入や予約などのアクションを起こしてもらう

 上記のほかキャンペーンの目的には「来店の増加」や広告に「いいね!」してもらう、イベントに参加をうながす「エンゲージメント」などがあります。

「広告セット」を設定する

キャンペーンの設定を終えると「広告セット」の設定画面が出てきます。
「広告セット」で「誰に配信するのか(オーディエンスの設定)」「どこに配信するのか(配置の設定)」をします。

手順は以下の通りです。 

①  広告セット名を入力。

②オーディエンスは「コアオーディエンス」「カスタムオーディエンス」「類似オーディエンス」から選んで設定。
初めてFacebook広告を出す人や初心者は3つの中で1番基本的な「コアオーディエンス」がおすすめです。
オーディエンスを選んだら、次はユーザーの住んでいる地域や年齢、性別、言語、詳細設定などを設定します。
広告を見てほしいターゲットを思い浮かべながら設定しましょう。

③「配置」を設定する。
Facebook、Instagram、Audience Network、Messengerの4つに配信が可能です。
「自動配置」を選ぶとパフォーマンスがいい場所に広告が配信されます。
初心者には「自動配置」がおすすめです。 

④予算と掲載期間を設定。
費用は100円から可能ですが、あまりに予算が少ないと広告が表示されないこともあります。
1日1000円程度から始め、テストをしながら予算を増やすのがおすすめです。

クリエイティブフォーマット(出稿する広告)を設定

広告に紐づけるFacebookページを指定し、実際に出稿する広告(フォーマット)をつくっていきます。 

①アイデンティティで広告に表示するFacebookページを設定。
登録が済んでいればプルダウンで選択できます。 

②「形式」で広告のフォーマットを選ぶ。
「1件の画像または動画」「カルーセル」「コレクション」の4タイプから選択。

後ほど、主なフォーマットについてご説明します。

③広告に使う画像や動画をアップロードして、広告文や掲載したいリンク先などを設定。
プレビューで確認後、「実行」をクリック。

Facebook広告フォーマットの種類

主な広告フォーマットは以下の通りです。

・画像広告
写真などの静止画像とテキストを使ったフォーマット。
シンプルでタイムラインにもなじみやすく、出せる場所も多いです。

・動画広告
音と動画で注目を集めます。
写真では伝わりにくい商品やサービス、商品の世界観などを紹介できます。 

・カルーセル広告
一つの広告に最大10の写真や動画が使えます。
たくさんの商品を紹介したり、一つの商品をいろいろな面から紹介したりできます。

・コレクション広告
メインの画像・動画の下に4つの画像を表示します。
広告をタップすると商品の詳細が見られます。

料金を支払う 

ビジネスマネージャから「ビジネス設定」を選び「支払い」を選択します。
クレジットカード、デビットカード、PayPal、オンライン銀行振込(手動決済)から選べます。

 Facebook広告でたくさんの人に効率的にアプローチ 

今回はFacebook広告について、お伝えしてきました。

Facebook広告を出稿すると、FacebookだけでなくInstagram、Messenger、Audience Networkの4つの配信先に広告を出すことができます。

 この4つを見ている幅広い層に広告を出せるうえ、Facebook広告は登録者のデータを用いた正確なターゲティングが可能。
たくさんの人に効率的にアプローチできます。

 初めてFacebook広告を出す際にはFacebookビジネスマネージャへの登録、広告アカウントの取得など多少の手間はかかりますが最初の1回だけですし、Facebookビジネスマネージャは無料で使えます。
この記事がFacebook広告を使った集客のお役に立てば幸いです。

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら