COLUMN for DivingShop

Facebookページとは?作成するメリットとページの作り方

  • Facebook
  • SNS
  • 無料

Facebookページとは?作成するメリットとページの作り方

INDEX

多くの企業が作成しているFacebookページ。

たくさんの業種がありますが、なぜ多くの企業に利用されているのか?

この記事では、今更聞けないFacebookページとは?について、どんな機能があるのか、作成方法についてなど、詳しく紹介していきます。

Facebookページとは?

Facebookページは企業などが、会社名や商品名、ブランド名などで作成している、Facebookのビジネス向けのページです。

Facebookページを作成することで、ホームページの代わりになったり、複数人で管理できたりなど、多くのメリットがあるにも関わらず、作成費用は無料。

さらに、有料のオプションではFacebook上に広告を出稿することもできます。

無料で広告・宣伝できるのはかなり大きなメリットで、6割を超える企業が利用しており、商品ごとに複数のFacebookページを作成している企業も少なくありません。

Facebookページのメリットと個人ページとの違い

Facebookページはメリットたくさんがあると言うけれど、個人ページとは一体何が違うのか?

Facebookページと個人ページとの機能の違いは、下記の表のようになります。

  Facebookページ 個人ページ
登録名 会社名やブランド名など 個人の実名
作成できるページ数 複数ページ作成可能 1ページのみ
管理者 複数人で管理可能 本人のみ
他のアカウントとの関係性 ・友達ではなく「ファン」
・友達リクエスト不要
・「いいね!」でファンになれる
・情報はファンが一方的にフォロー
・ファンは上限なく増やすことができる
・友達・友達リクエストが必要
・リクエストの承認で相互フォローの関係
・友達は5,000人まで
アクセス解析 インサイト機能で無料でアクセス解析できる できない
Facebook広告 有料で出稿できる 出稿できない
カスタマイズ タブやアプリの追加などでページをカスタマイズできる できない
閲覧の制限 Facebookにログインしていない状態でも見れる Facebookにログインしている状態でないと見れない
SEO対策 検索エンジンの対象になり上位表示しやすい 検索エンジンの対象にならない

上記の点から、Facebookページならではのメリットをまとめると

  1. ・複数人で管理できる
  2. ・友だちリクエストがないため、フォローのハードルが低い
  3. ・フォロワーの上限がない
  4. ・アクセス解析が無料でできる
  5. ・オプションでFacebook広告の出稿ができる
  6. ・ページの見た目や機能をカスタマイズできる
  7. ・Facebookにログインしてなくても見れる
  8. ・SEO対策がされており、検索対象になる

たくさんメリットがあることが明確になると、作って良かったんだ!と実感できますね。

Facebookページをこれから作ろう!という人は、次項の作り方も参考にしてください。

Facebookページの作り方

Facebookページ作成のための5STEPを紹介します。

①個人アカウントを作る

個人アカウントがないとFacebookページは作れません。
個人アカウントを持っていない人は、まず個人アカウントを作りましょう。
Facebookアカウント作成はコチラ

個人アカウントは、名前、連絡先(メールアドレスか電話番号)、生年月日、性別を入力し、パスワードを設定後、連絡先の認証ができればアカウントを作成できます。
大丈夫かと思いますが、13歳未満はアカウントを作成できないので、ご注意ください。

②Facebookページを作成するページを開く

Facebookの個人ページを開くと、PCであれば左側にメニューが出ていまので、その中の「ページ」を選びます。 スマホやタブレットなど、画面サイズが小さいとメニューが出ておらず、メニューボタンで表示させる必要があります。
「+新しいページを作成」ボタンを押すと作成ページに進みます。

コチラから作成ページに直接移動することもできます。

③ページ名とカテゴリーを入力

ページ名はダイビングショップであればショップ名を入力。
カテゴリーは好みで選べますので、単語を入力して探して見るのも良いですが、ダイビングに関連しそうなものでは下記があげられます。

  1. ・スポーツ・娯楽
  2. ・スキューバダイビングセンター
  3. ・スキューバインストラクター
  4. ・ダイビングスポット

カテゴリの選択は必須で、最大3つまで登録できます。

ちなみに、作業潜水、潜水士、環境調査、水中写真、ツアー、ガイドなども検索してみましたが、ありませんでした(笑)

ページ名とカテゴリーを入力すれば大枠が完成です!

④ページ情報・基本データを入力

左のメニューにある「ページ情報」を選択し、「基本データ」を入力します。 項目に沿って、可能な限りすべて入力し、プロフィール画像やカバー写真も登録します。
プロフィール画像は円形にトリミングされるので、円形になっても見た目が良いものを選びましょう。

⑤ボタンを追加

カバー写真のすぐ下に「+ボタンを追加」と言う項目があるのですが、とっても重要です、忘れずに追加しましょう!

このボタンはCTA(コールトゥアクション)ボタンと言われ、お問い合わせやHPにリンクなど、集客に有効なボタンですが、設定しないと何も表示されないので、大きな機会損失になります。

CTA(コールトゥアクション)ボタンで登録できる用途は、12項目に分かれます。

CTA(コールトゥアクション)ボタンの機能

(1)ギフトカードを購入
・webサイトへリンク

(2)予約する
・Facebookで予約
・webサイトへリンク

(3)今すぐ電話
・登録した電話番号に発信

(4)お問い合わせ
・webサイトへリンク

(5)メッセージを送信
・Facebookメッセージを送信

(6)メールを送信
・登録アドレスへメール送信

(7)詳しくはこちら
・webサイトへリンク

(8)登録する
・webサイトへリンク

(9)アプリを利用
・webサイトへリンク

(10)ゲームをプレイ
・webサイトへリンク

(11)動画を見る
・Facebook動画
・webサイトへリンク

(12)購入する
・webサイトへリンク

ダイビングショップであれば、⑶今すぐ電話、⑷お問い合わせ、⑹メールを送信、⑺詳しくはこちら、などを選択し、電話やメールができるようにするか、自社HPにリンクするのがいいかと思います。

Facebookページ作成・番外編

複数アカウントでショップのFacebookページを管理したい場合の、管理者を追加する方法をあわせて紹介します。

まずFacebookページの「設定」の「ページの役割」から「新しいページの役割を割り当て」の欄に、管理者として追加する個人アカウントの名前やメールアドレスを入力し、「編集者」などの役割を選択して「追加する」ボタンを押します。

パスワードを入力後、「送信する」ボタンを押し、招待された個人アカウントが承認すると管理メンバーの追加は完了です。

この時、友達になっていないアカウントは追加できないのでご注意ください。

Facebookページまとめ

たくさんのメリットがあるFacebookページですが、作成するための準備は画像が必要なくらいで、特に難しい準備は不要です。

Facebookページを作成するメリット8つ

  1. ・複数人で管理できる
  2. ・友だちリクエストがないため、フォローのハードルが低い
  3. ・フォロワーの上限がない
  4. ・アクセス解析が無料でできる
  5. ・オプションでFacebook広告の出稿ができる
  6. ・ページの見た目や機能をカスタマイズできる
  7. ・Facebookにログインしてなくても見れる
  8. ・SEO対策がされているおり、検索対象になる

Facebookページ作成の5STEP

  1. ①個人アカウントを作る
  2. ②Facebookページを作成するページを開く
  3. ③ページ名とカテゴリーを入力
  4. ④ページ情報・基本データを入力
  5. ⑤ボタンを追加

個人ページを作成し、Facebookページを作成し、項目に沿って入力する以外は、CTA(コールトゥアクション)ボタンを作り忘れないこと以外、見落としてしまう項目もあまりないかと思います。

項目はすべて入力しなくてもFacebookページ自体は作成できてしまうので、新たなお客様を集客するためにも、できるだけ詳細に入力しましょう。

特に連絡先や地図情報、営業時間などの項目はしっかり入力されていると、初めて利用するお客様に喜ばれます。

せっかく見てもらっても情報不足で集客に繋がらなかったり、誤った情報を伝えてしまうことにも繋がります。

あとで内容の修正は可能ですが、全体をしっかり確認した状態で公開しましょう。

そして、しっかり入力できたら、情報を拡散することが何より重要なので、ページを作成したことを伝え「いいね!」のリクエストを行うこともお忘れなく!

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら