COLUMN for DivingShop

【初めての人向け】LINE広告とは?メリットと始め方をわかりやすく解説

  • LINE広告
  • メリット
  • 始め方

【初めての人向け】LINE広告とは?メリットと始め方をわかりやすく解説

INDEX

連絡手段に多くの人が使っているLINE。
LINEは日常生活で使われており、幅広い年齢層の人に利用されています。
日本の月間利用者は約8800万人といわれています。

そのLINEに出す広告がLINE広告です。

LINE広告の最大のメリットは幅広い層の人にリーチできること。
LINE広告を出すとほかのSNS広告ではアプローチできない人に広告を見てもらえます。
さらにLINEニュースやLINEマンガなどにも広告は表示されます。

また、LINEが持っているユーザーのデータをもとに広告を出せるので、高い効果も期待できます。

この記事ではLINE広告とは何かとメリットをわかりやすくご紹介し、LINE広告の出稿の流れを説明します。
LINE広告を出したいとお考えであれば、この記事を参考にしていただければ幸いです。

LINE広告とは?LINE広告のメリット

まずは、LINE広告とはどんなものかとLINE広告のメリットをかんたんにご説明します。

LINE広告とは

コミュニケーションのツールとして広く使われるアプリLINEに出す運用型広告です。

LINE広告に出稿するとLINEのトーク一覧の上やタイムラインのほかLINE NEWS、LINEマンガなどLINEが提供・提携するサービスに広告を出せます。
運用型広告は広告主が予算やターゲットを決めてオークションで広告枠を購入し、自分で作った広告を出稿するタイプの広告で広告主が自分で運用します。

LINE広告のメリット

SNSをやっていなくても、LINEは毎日使うという人は多いと思います。

LINEの日本での月間利用者数は8800万人。
幅広い年齢層で使われています。
人気のあるSNSのFacebookは2600万人、Instagramは3300万人なので、比較しても利用者の多さは群を抜いていますね。

ほかのSNS広告ではリーチできない人にも広告を見てもらえるのがLINE広告最大のメリットです。
また、ユーザーの年齢、性別、興味関心などLINEに蓄積されたデータを活用して広告を出せるので高い広告効果が期待できます。

LINE広告の出し方

ここからはLINE広告を出す手順についてご説明します。

LINE広告を出すには認証済みLINE公式アカウントが必要です。
その後、LINE Business IDを取り広告アカウントを作成、広告を作って出稿という流れになります。

LINE広告を出すには認証LINE公式アカウント、LINE Business IDが必要ですが手続きは最初の1回のみで難しくもありません。
また、LINE公式アカウント、LINE Business ID、広告アカウント取得に費用はかかりません。

認証済みLINE公式アカウントが必要

LINE広告を出すには認証済みLINE公式アカウントが必要です。

LINE公式アカウントは以前はLINE@と呼ばれていたサービスです。
LINE公式アカウントには認証済みアカウントと未認証アカウントがありますが、広告を出すには認証済みアカウントが必要なので未認証の場合はLINEにアカウント認証をリクエストしておきましょう。

以下の手順で認証のリクエストが出せます。

①以下のリンクから、公式アカウントにログイン
https://www.linebiz.com/jp/login/

②ログインしたら、右上の「設定」をクリックして「アカウント認証をリクエスト」を選択して必要事項を入力後、「確認する」をクリック。

申請後、審査を待ちます。
認証リクエストは広告を出す前にすませておくとスムーズに広告出稿の作業を進められます。

LINE公式アカウントと作り方については以下の記事を参考になさってください。
LINE公式アカウント入門編!基本機能とアカウントの作り方
https://bitknot.co.jp/column/20009/

LINE Business IDを取る

①以下のLINEの公式サイトでオンライン申し込みのボタンを押します。

こちらから
https://admanager.line.biz/pages/entry-flow/?_ga=2.1942065.1208465736.1600850129-1840384719.1597967101&_fsi=Ozcol8nU

②メールアドレスで登録のボタンを押し、メールアドレスを入力します。

③登録したメールアドレスに届くリンクをクリックします。

広告アカウントを作る

広告アカウントは商材ごとに必要です。

①以下のリンクの「LINE広告」からLINE Business IDでログイン。
https://www.linebiz.com/jp/login/

②「新しい広告アカウントを作成」のボタンをクリック。

③「広告アカウントの作成」ページに必要事項を入力します。

広告正式名と広告ウェブサイトURLに掲載されているサービス名は一致させましょう。
まったく同じじゃないと審査に通りません。

④記入が済んだら「作成する」ボタンをクリック。

支払いのためのクレジットカード登録

①管理画面に戻って作った広告アカウントをクリックし「広告マネージャー」を開きます。

②左上の三本線ボタンをクリックして「設定」から「請求と支払い」を開きます。

③「請求先を追加する」をクリックしてクレジットカード情報を登録します。

メディア(画像・動画)を登録してタグを設定する

広告アカウントを作成したら、広告に使う画像や動画を登録します。
広告の効果を測定するためのタグも設定しておきましょう。

メディア(画像・動画)登録

LINE広告に使う画像・動画の登録をします。
広告マネージャー左上の三本線ボタンから共有ライブラリ内のメディアに入り、画像・動画をアップロードします。

タグを設定する

タグは広告管理画面の「トラッキング(LINE Tag)」から取得できます。
広告の効果を測定するためにタグを作成して、ランディングページ(広告を見た人を誘導したいページに設定しておきましょう。

LINE Tagは3種類あります。

・ユーザーの行動を計測する全ページに設置する「ベースコード」

・コンバージョンを計測するページに設置する「コンバージョンコード」

・イベントの効果測定など、ユーザーを自由にラベリングできる「カスタムイベントコード」

広告配信の設定

広告の目的、予算を設定して実際に配信する広告を作ります。

キャンペーンを設定

キャンペーンでは広告の目的、掲載期間を設定します。

①LINE広告の管理画面を開き「広告アカウント」タブをクリックして広告を出す広告アカウントを選びます。

②画面を切り替えて「キャンペーンを作成」ボタンを押します。

③「キャンペーンを作成」ページで必要事項を選択、入力します。

④「保存してグループ作成へ」を押します。

広告グループを作る

広告グループではターゲット・配信先・入札価格・日当たり予算を設定します。
広告は1円から出せますが、入札制(オークション)なので安すぎると表示されません。
LINE公式ホームページでは効果的な広告運用のために月30万円での出稿を3カ月程度続けることがすすめられています。
必要事項の記入が終わったら「保存して広告作成へ」ボタンを押します。

配信する広告を作る

最後に配信する広告を作ります。
フォーマットは画像・カルーセル・画像(小)から選択できます。

広告に使う画像・動画、広告のタイトル、どんな広告かを説明するディスクリプション、ランディングページURL(ユーザーを誘導したいURL)などを記入します。

記入が終わったら「広告を保存」をクリックして終了です。

注意点 LINE広告は審査が厳しい

LINEは子供から大人まで幅広い年齢層が利用しているので、LINE広告を出稿する際には厳しい審査があります。

LINEは以下の点を重点的に見て、審査をしています。

「情報の受け手(ユーザー)がどう思うか」
「ユーザーが必要とする情報を適切な形で提供しているか」
「ユーザーが不快に感じることはないか」
「すべてのユーザーが安心⋅安全にサービスを利用できているか」

LINE広告審査ガイドラインのページより引用
https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/guideline/

広告アカウントを作る際にも審査はありますし、広告や広告に使われる画像や映像なども審査されます。

LINEの広告審査ガイドラインも確認しながら、広告アカウントの取得や広告の出稿を進めましょう。
広告を出す際には審査を通らない可能性もありますし、配信までに時間がかかることもあり得ます。
広告アカウント取得から配信まで10営業日程度かかるといわれていますが、余裕を持って準備するのをおすすめします。

LINE広告は幅広い層にPRできる

今回はLINE広告についてご説明しました。

コミュニケーションアプリのLINEは連絡手段として幅広い年齢層で日々使われています。
そのため、ほかのSNS広告とちがい、SNSをやっていない人にもアプローチできます。

LINEユーザーのデータを活用して効果的な広告配信ができるのもメリットです。
LINE広告を出すには認証LINE公式アカウント、LINE Business IDが必要ですが手続きは最初の1回のみで、それほど複雑でもありません。

この記事がLINE広告を出す際に参考になれば幸いです。

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら