COLUMN for DivingShop

無料で見込み客へPR Googleビジネスプロフィールとは

無料で見込み客へPR Googleビジネスプロフィールとは

INDEX

Googleで検索すると検索結果の上に「店舗情報」があるのを目にしたこともあるのではないでしょうか。
この店舗情報を管理できるのが「Googleビジネスプロフィール」(以下ビジネスプロフィール)です。
以前は「Googleマイビジネス」(以下、マイビジネス)と呼ばれていました。

マイビジネスからビジネスプロフィールに名称が変わり、GoogleマップアプリとGoogle検索からお店の情報が管理できるようになっています。

ビジネスプロフィールは、上手に活用すれば無料でお店のPRができ、お客様もかんたんに欲しい情報にたどりつけます。
しかし、きちんと管理していないと、知らぬ間に間違った情報を公開することになり、お店の評判を落とす恐れも。

今回はビジネスプロフィールとマイビジネスとのちがいや使い方、メリットや注意点を解説します。

ビジネスプロフィールの登録がまだという方や自分のお店のビジネスプロフィールを確認したことがないという方は、この記事を参考にぜひ、ビジネスプロフィールをご活用ください。

Googleビジネスプロフィールとは

まずは、ビジネスプロフィールとはどんなものかをかんたんにご説明します。
ビジネスプロフィールはGoogle社が提供しており、Google検索とGoogleマップの検索結果のページに無料で店舗などのビジネスの情報が掲載できます。
以前は「Googleマイビジネス」という名称でした。

ビジネスプロフィールにはビジネスのオーナー(つまり店側が)自分の店の情報を登録できます。
お店の住所や電話番号、メニューや営業時間などを掲載できてホームページとも連携可能です。

また、ビジネスのオーナーだけなく、Googleアカウントを持っていればだれでもビジネスプロフィールの情報を登録できます。
後ほど詳しく説明しますが、オーナーではなくても情報を登録できる点には注意が必要です。

この記事のほかにもマイビジネスについて書いた記事があります。
登録の方法や利用できる機能についてくわしく説明していますので、よければ参考になさってください。

無料でダイビングショップをPR!初心者向け「Googleマイビジネス」の使い方

Googleマイビジネスとのちがい

Googleマイビジネスから「Googleビジネスプロフィール」に名称が変更されました。
また、2022年7月にはマイビジネスアプリはなくなり、Googleマップアプリに統合されます。

以前はマイビジネスの管理画面にログインしてから、お店の情報を編集していましたが、小規模ビジネスはGoogle検索とGoogleマップからお店の情報の編集などの管理ができるようになりました。
ログインや管理画面に行く必要がなくなって営業時間の修正などがかんたんにできるようになっています。

チェーン店などの大規模ビジネスはこれまで通り管理画面のページで管理しますが、一般のお店は管理画面に行く必要はなくなりました。

Google検索とマップでの情報の編集のやり方

上記のマイビジネスとビジネスプロフィールのちがいでも説明しましたが、ビジネスプロフィールはGoogle検索上のブラウザとGoogleマップアプリでお店の情報が編集できます。
以下、編集のやり方をご説明します。

Google検索での編集方法

①ビジネス プロフィールを登録した時に使用した Google アカウントにログイン。
②Googleで正確なビジネス名を検索して自分のビジネスプロフィールを見つけます。
③「プロフィール」から「ビジネス情報を編集」をクリック。
④編集する情報を選んで編集。

Googleマップアプリでの編集方法

①ビジネスプロフィールを登録した時に使ったGoogleアカウントにログイン。
②プロフィール写真をタップします。
③「ビジネスプロフィールを表示」を選択。
④編集する情報を選んで編集します。

Googleビジネスプロフィールを使うメリット

ビジネスプロフィールを使うメリットは無料だということ。
そして、お店に関心のある見込み客にアプローチできることです。

店名で検索した時に表示されるのはもちろんのこと、ダイビングショップであれば「地名+ダイビングショップ」といったキーワードでも表示されます。
ビジネスプロフィールにはお店の場所や電話番号、営業時間、ホームページなど多くの情報を掲載でき、お客様とのメッセージをやりとりしたりクチコミ機能もついていて、お店のPRに役立ちます。

また、ビジネスプロフィールは検索の上に掲載されるので、目立ちます。
ビジネスプロフィールを登録しておけば、多くの人に見てもらえて見込み客を増やせます。
Google検索は世界中で使われており、外国のお客様にもアピールできます。

ビジネスプロフィールはTwitterとFacebookとも連携しており、ビジネスプロフィールに掲載した情報をFacebookとTwitterでシェアすることも可能です。
FacebookとTwitterで情報をシェアすれば、さらに多くの人にビジネスプロフィールを見てもらえるはずです。

Googleビジネスプロフィールを使うデメリット

無料でお店の情報を登録でき、多くの人に見てもらえるビジネスプロフィールですが、使う際には注意が必要なこともあります。

ビジネスプロフィールは店側だけでなく、利用者やほかの人もお店の情報を登録できます。
そのため、間違った情報が登録されてしまったり、悪意のある第三者がわざと誤った情報を登録する恐れもあります。
間違った住所が掲載されてしまうと、新規のお客様がお店にたどり着けないかもしれませんし、電話番号が間違っているとお店に問い合わせることもできません。
そんなことにならないよう、登録された情報が正しいか常にチェックして管理する必要があります。

ビジネスプロフィールにはクチコミの機能があり、いいクチコミがつくこともあれば、悪いクチコミがつくこともあります。
悪いクチコミでもGoogleのポリシーに反していなければ削除はできません。

Googleビジネスプロフィールはクチコミも大事

クチコミがつくことはメリットでもあり、デメリットでもあります。
いいクチコミはお店に行ったことのある人による客観的な情報として信頼されてお客様を増やしてくれます。
そして、たくさんのクチコミがあってお客様からの評価が高いお店はGoogleの検索結果でも上位表示されやすくなります。

しかし、ビジネスプロフィールでついた悪いクチコミは基本的には消せません。
ビジネスプロフィールのクチコミにはお店側からの返信が可能なので、悪いクチコミがついてしまった場合は冷静になって誠実な返信をするのをおすすめします。

悪いクチコミがついてしまっても、後からビジネスプロフィールを見る人が誠実な対応をしているのを読めば、ちゃんとしたお店だなと思ってくれる可能性は高くなるからです。

便利になったGoogleビジネスプロフィールを活用しよう

今回は無料で使え、たくさんの見込み客に見てもらえるビジネスプロフィールについて解説しました。

マイビジネスからビジネスプロフィールに名前が変わり、管理画面に行かなくても、検索画面やマップアプリから情報が編集できるようになって前より操作がかんたんになっています。

常に正しい情報が掲載されているかチェックして編集したり、クチコミに返信したりなどの手間はかかりますが、ビジネスプロフィールを上手く活用できれば集客に役立つはずです。
この記事を参考にぜひ、ビジネスプロフィールをご活用ください。

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら