COLUMN for DivingShop

ダイビング講習にも使える!web会議ツール・Zoomの使い方

  • Zoom
  • オンライン講習
  • 無料

ダイビング講習にも使える!web会議ツール・Zoomの使い方

INDEX

社内でのミーティングから友人とのオンライン飲み会など、さまざまな用途で多くの人に利用されています。
ダイビングでもライセンス講習など、海以外での接客はオンラインでも可能です。
むしろオンラインでおこなうことで、コロナウイルス感染のリスクを低減するだけでなく、来店するための移動時間などがなくなるので、「オンライン」という選択肢を提案することは、感染予防だけでなく顧客サービスの向上にも繋がります。

この記事では、Zoom入門編として、最初に必要な準備やホストとして招待する方法など、Zoomの使い方をかんたんにご紹介させていただきます。

はじめてZoomを利用される方はもちろん、主催者としてミーティングに人を招待したい、人に使い方を説明したいという方もぜひ参考にしてください。

Zoomでできること

web会議ツール「Zoom」では、同時に複数名でビデオ会議をおこなうことができます。

映像や音声のON/OFFは利用者がその都度かんたんに切り替えて使用でき、PCなどで閲覧している画面の共有もおこなえるため、他のビデオ電話より多機能で無料プランがあることが人気の要因となっています。

利用に関しての料金は、無料プラン・有料プランを選択可能、自身で切り替えを行わない限り無料プランではじめられます。

無料プランと有料プランには以下のようなちがいがあります。

プラン 詳細
無料プラン
  • 最大100人まで同時に参加可能
  • 会議の開催時間は1対1では無制限、3人以上の参加者がいる場合は40分まで
  • クラウド保存不可、録画はパソコンのみ可
有料プラン
Pro
月額¥1,600/ID
  • 契約可能ID:5ID〜10ID
  • 5IDからの購入、かつ年間契約が前提
  • 最大100人まで同時に参加可能
  • 会議の開催時間は24時間まで
  • 1IDあたり1GBのクラウド録画保存が可、有料オプションで容量の追加ができる
有料プラン
Business
月額¥2,200/ID
  • 契約可能ID:10ID〜49ID
  • 10IDからの購入、かつ年間契約が前提
  • 最大300人まで同時に参加可能
  • 管理用ダッシュボード機能が追加
  • 1IDあたり1GBのクラウド録画保存が可能、有料オプションで容量の追加ができる
有料プラン
Enterprise
要・見積り
  • 契約可能ID:50ID〜
  • 最大500人まで同時に参加可能
  • クラウド保存が無制限
  • ライブウェビナー機能が標準装備
  • 個社向けサポートカスタマイズあり
  • 申込には営業部宛に問合せが必要

その他プランについての詳細はZoom公式サイトで確認できます

Zoomのはじめ方

Zoomを利用するためには、ウェブカメラ・マイク・スピーカーが必要です。

多くのPC・スマホが内蔵型になっていますが、念の為ご確認ください。

機材の確認ができたら、はじめにインストールが必要になります。

PCでもスマホでも可能で、それぞれのインストール方法をご紹介しますが、PC画面で閲覧しているファイルやwebサイトなどを画面共有したいのであれば、スマホよりPCでの利用をおすすめします。

PCへのインストール方法

  • 1.Zoom公式サイトを開く
  • 2.メールアドレスを入力し、「サインアップは無料です」というボタンをクリック
  • 3.確認画面の表示をチェックし、問題なければ「サインアップ」をクリック
  • 4.確認メールが届いたら、メール内の「有効化する」ボタンをクリック
  • 5.登録名・パスワードを入力
  • 6.他の人をZoomに招待しますか?という質問が出たら「スキップ」
  • 7.Zoomダウンロードボタンが表示されたら、クリックしてダウンロードする
  • 8.インストールが完了したら、デスクトップに表示されるZoomアイコンをクリック
  • 9.メールアドレスとパスワードでサインインできれば準備完了

スマホへのインストール方法

アプリ「ZOOM Cloud Meetings」をダウンロード

Zoomでアプリ検索すると複数のZoomアプリが表示されるので、間違えないようにご注意ください。

Zoomの使い方

Zoomホーム画面

PCでZoomにサインインすると上のような画面が表示されます。

画面中央左に主要機能のボタン、右にミーティングのスケジュール、上部にメニューバー、右上のアカウントアイコンの下に「設定ボタン」が表示されています。

設定ボタンで最初に確認したい項目と、主要機能のボタンの機能、メニューバーの「連絡先」について順に紹介していきます。

1.設定ボタン

右上の設定ボタンをクリックすると設定画面が開きます。
ミーティングをはじめる前に「オーディオ」を選択し、マイクやイヤホンなどのチェックをしておきましょう。

2.「ミーティングを開始する」アイコン

オレンジの「新規ミーティング」アイコンをクリックすると、ミーティング用の画面が表示されます。
画面下部にボタン表示が出ているので左から順に紹介します。

ミュート

クリックで音声のON/OFF、「^」ボタンをクリックすると音声などの調整が可能

ビデオ停止

ボタンでカメラのON/OFF、「^」ボタンをクリックするとバーチャル背景の設定などができ、お家を写したくないお客様にもおすすめの機能です。

セキュリティ

ミーティング主催者は、画面の共有やチャット、名前の変更などを許可する権限があり、ここから変更が可能です。

チャット

チャット可の場合、ここからチャットをおこなえます。

画面の共有

ファイルやwebサイトなどの閲覧画面を共有したい場合は、ここから共有可能です。

レコーディング

ミーティングを記録したい場合は、ここからおこなえます。

反応

話さずにリアクションだけしたい場合に、スタンプのような機能を利用できます。

終了

ミーティングを終了します。

招待

ミーティングにゲストを招待できます。
連絡先に登録がある場合は、そのまま画面から招待可能。
連絡先に登録がない場合は「招待リンクをコピー」して、メールなどでリンクを送信し、ゲストを紹介してください。

すべてミュート

新たな参加者の音声をすべてミュートに設定できます。

詳細

その他、詳細な設定を変更できます。

3.「参加」アイコン

会議IDまたは会議室名を入力することで、開催中のミーティングに参加できます。
招待メールなどを受け取っている場合は、URLをクリックするだけで参加可能、パスワードが設定されている場合は、パスワードの入力が必要になります。

4.「スケジュール」アイコン

スケジュールアイコンをクリックすると、スケジュール設定のための画面が開きます。

日時やミーティングID、パスコード、ビデオのON/OFFなど、詳細を設定し「保存」するとミーティングの予定がZoomの画面に表示されるので「•••」ボタンから招待をコピーし送信することで前もって招待用のURLをゲストに連絡することができます。

5.「連絡先の追加」

Zoom画面上部には、ホーム・チャット・ミーティング・連絡先という4つのメニューが表示されています。

頻繁にZoomする相手がいる場合は、連絡先を登録しておくと良いでしょう。

メニューの「連絡先の追加」をクリックし、右の連絡先・チャンネルの隣にある「+」ボタンから連絡先を追加できます。

Zoomまとめ

大勢で長時間使用する場合以外は、無料プランで問題ないと思います。

基本的な参加方法は、招待される・主催するの2パターンです。

ゲストとして参加する場合は、招待用のURLやパスワードなどを送ってもらえば簡単に参加でき、主催する場合は逆に招待用のURLを送信すればOKです。

むずかしい操作は必要ないので、ぜひ今後の講習や事前説明などにお役立てください!

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら