COLUMN for DivingShop

【かんたんMEO対策】Googleで集客できるダイビングショップに!

  • Google
  • MEO
  • 無料

【かんたんMEO対策】Googleで集客できるダイビングショップに!

INDEX

MEOって何だろう?
知らないけど、きっとむずかしい何かなんだろうな…
そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
MEOは、Googleの検索やマップ機能と連動したもので、実は既に皆さんが日常的に使っているものです。

使い方やポイントさえ押さえておけば、そんなに難しい作業は必要なく、費用もかかりません。

今回は何となく使っていた機能を、もっとよく知って、さらにお客様に見てもらえるようになろう!というテーマのもと、MEOの仕組みやメリット・デメリットをご紹介します。

MEOとは

MEOは「Map Engine Optimization(マップ エンジン オプチマイゼーション)」の頭文字をとった言葉で、Googleマップと検索エンジンが連動した機能に対して最適化を図ることです。
スマホなどでGoogle検索すると、検索ページの上の方に地図やお店の情報が表示されるかと思いますが、その機能のことです。
MEOは、地域や位置情報に関連するため、「ローカルSEO」とも呼ばれています。

お店にご飯を食べに行きたい時や、目的地の場所がよくわからない時、既に日常的に利用されている方も多いのではないでしょうか?

MEOの機能は業種によって相性があり、実店舗を持ち、直接お客様を集客したい業種に適しています。
たとえば、飲食店や美容院、小売店などには適していますが、オフィスや製造業などにはあまり効果はありません。
ダイビングショップは、現地サービス・都市型ショップ問わず、直接お客様を集客したい業種に当てはまるため、MEO対策を行うことは新規顧客の獲得に直結します。

これまでネットで集客といえば、SEO対策といって、検索ページの上位に表示される対策が注目されていましたが、今では情報が多く、上位表示させるためには技術や費用が必要です。
しかし、MEOではSEOで表示されるよりもさらに上位に表示され、実際に閲覧やクリックされるアクション率も高いため、最近はSEO対策以上に、MEO対策に注目が集まっています。

MEO対策って何?

MEOの表示は、上位3件だけが表示され、それ以外は「さらに表示」をクリックしないと見ることができません。「さらに表示」で見ると、スマホでは地図表示の場合10件までが表示され、それ以外は地図の位置や縮尺を変更すると見ることができます。

リスト表示にするとスクロールすることで対象店舗が全て見られますが、「全部で何店舗あります」というような表示はないので、競合が多く順位が下の方であれば、そこまで到達できない可能性があります。

ちなみに、PCでは地図表示で一度に表示される店舗数は20件まで、それ以外を見たい場合は次ページに進む必要があり、リスト表示との切り替えは特にありません。

これまでの情報から、できれば上位3件に、難しくても10件以内に表示されたい!そう思いますよね?

MEO対策は、MEO内で上位に表示されるための対策なのです。

MEO対策のポイント

MEOの表示順位には下記の3点が関係しています。

  • 検索されたキーワードとの一致率
  • 検索された場所からの距離
  • 検索対象の知名度

では、具体的に何を行う必要があるのか?ご紹介していきます。

検索されたキーワードとの一致率

そもそも、検索にHitしないと全く見てもらえないので、第一に検索キーワードを意識することが大切です。
そして、お客様が検索時に使用するキーワードに対して、2つの対策が必要です。

①自社HPでの対策

自社HP内にお客様が検索する際に使いそうなキーワードを盛り込みます。
たとえば、ダイビングに関係するキーワードであれば、エリア名や人気の高いポイント名、目玉になっている生物、講習がメインであれば、指導団体、Cカード、ライセンス、初心者、安心など。

ダイビングに限らず、検索自体でよく使用されるキーワードでは、おすすめ、ランキング、人気などがあげられます。

ダイビングの場合、「エリア+ダイビング」などで検索されることがもっとも多いので、文章内だけでなく、ページのタイトルに地名を入れるなど、Googleが情報を見つけやすいように準備しておきましょう。

②Googleマイビジネスでの対策

Googleマイビジネスは、MEOで表示される「店舗情報」などを管理する無料のサービスです。

Googleマイビジネスの機能についてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

店舗情報などはGoogleのアカウントを持っていれば誰でも書き換えられるので、Googleマイビジネスでオーナー確認を行って情報の登録・編集を行うことをおすすめします。
店舗情報の項目は全て正しく入力し、文章を入力する場合は検索キーワードを意識して、入力項目には空欄が無いようにしましょう。

画像は店舗の外観や内装、ツアーや講習の様子など、バリエーションを持たせて20枚程登録しておくと良いでしょう。

検索された場所からの距離

MEOの表示順は検索を行っている場所に左右されます。
位置情報をONにして検索している場合は、検索を行っている現在地からより近いものを上位表示するようになっています。

これに対しては対策は難しいですが、ショップに居る状態で検索してみると、もっとも近い状態になるので上位表示されやすく、離れると表示順が変わるということもありえるので、知っておいて損はありません。

検索対象の知名度

検索順位は知名度が高いほど上位になります。
知名度が高いということは、イコール利用者が多く人気が高いということになり、Googleが「お客様におすすめの情報である」と判断するからです。

知名度は何で判断されているかというと、web上の様々な情報です。
web上の情報は大きく2つに分けられ、1つはユーザーからのクチコミ投稿、もう1つは自社HP以外のwebサイトです。

ユーザーからのクチコミ投稿

Googleマイビジネスにはクチコミ機能があります、もちろんそれ以外のweb上にある様々なクチコミで判断しているので、飲食店であれば食べログ、美容関係であればホットペッパービューティーなど、さまざまなサイトのクチコミ情報から、総合的に評価を受けます。

ダイビングが関連するクチコミサイトでは、トリップアドバイザー、アソビュー、じゃらん、そとあそび、ベルトラなど、オプショナルツアーの販売サイトなどでクチコミ評価を得られるようになっています。

クチコミは、書いてあればつい読んでしまうという方も多く、PRの効果も高いです。

悪いクチコミがあると評価を下げてしまうというデメリットもありますが、返信内容次第で印象をよくすることは可能です。

MEO対策としては、Googleマイビジネスのクチコミ評価や数がもっとも目につきやすいので、クチコミの中でも特にGoogleマイビジネスのクチコミ内容は注力したい箇所と言えます。

自社HP以外のwebサイト

「自社HP以外のwebサイト」についてですが、クチコミでなくとも企業や個人などが運営する、さまざまなwebサイトでダイビングショップが紹介されていれば、知名度があると判断されます。

中でも知名度の高い信頼される企業などの紹介は価値が高く、さらに紹介してくれているサイトの数が多い方が知名度が高いと判断されます。

どうしたら他のサイトで紹介してもらえるのか、方法は3つあります。

  • オプショナルツアーの販売サイトで商品を販売してもらう
  • ダイビングの情報サイトに登録して紹介してもらう
  • ダイビング雑誌に広告を打ち、web上でも紹介してもらう

あとは、ブログでも良いのでwebサイトを運営している知人がいたら紹介してもらうのも良いですが、知名度の低いサイトであれば大きな効果には繋がらないと思われます。

また、他のサイトで紹介してもらう際に情報の一致率が低いと、実際は同じショップの情報であっても別のショップであると判断されてしまうことがあるので、特にNAPの統一を意識して、いつでも同じ内容で登録するようにしましょう。
NAPはName、Address、Phoneの略です。

Nameは名称、Addressは住所、Phoneは電話番号を指し、もし変更があった場合は、全て修正しないと「紹介」の効果を得られなくなるので注意してください。

MEO対策を行うメリット・デメリット

これまでの情報からMEO対策を行った場合のメリット・デメリットは下記のようになります。

MEO対策を行うメリット

  • 費用が無料で集客できる
  • 検索で上位表示されやすくなる
  • お客様が欲しい情報を得やすくなる

MEO対策を行うデメリット

  • 入力や登録が必要になる
  • クチコミ件数が増えることで悪いクチコミが増える可能性もある

Googleが公式に発表しているデータで、MEOにより「スマホでお店を検索した50%以上がお店に来店する」という結果が出ています。
ただし、せっかくMEOで表示されても、競合店よりも情報が少なく、お客様にとって「得体が知れない」と感じられてしまうと選んでもらえません。

上位表示させるための対策は、お客様が安心してお店を選べるようになる情報を増やすことと同じなので、対策を行うことがお客様のためになり、確実に集客につながっていきます。
特にエリア被りしている競合店が少ない地域では、必然的に上位表示されるので、あとは情報や画像で他店との差別化を行うことが重要です。

Googleマイビジネスは費用無料で、入力も難しい作業はありません、この機会にぜひ登録してMEO対策を実行してみてください!

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら