COLUMN for DivingShop

【ブログやホームページ制作に大人気】WordPress(ワードプレス)とは?

  • CMS
  • WordPress
  • ブログ作成

【ブログやホームページ制作に大人気】WordPress(ワードプレス)とは?

INDEX

WordPress(ワードプレス)をご存じでしょうか?
最近ではWebサイトやブログの作成で、WordPressを使う方が多くなってきています。
名前は聞いたことがあっても、「WordPressとは何か?」と質問されても上手に説明するのは難しいですよね。
この記事では、WordPressがどんなもので何ができるのか、WordPressを使うにあたって必要なものや、WordPressのメリットやデメリットを紹介していきます。
WordPress初心者の方や、これからWordPressを始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとは、Webサイトの作成やブログの作成などができるContents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)略してCMSの1つで無料のソフトウェアです。
WordPressの中でもオリジナルのデザインテーマを作成するためには、サイト制作の技術が必要ですが、既存のテーマを利用すればパソコンやコーディングに詳しくない方でもツールから比較的かんたんに、Webサイトの作成や投稿の管理が行えるサービスです。

WordPressは世界最大シェアのCMS

CMSとはWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像など、デザイン・レイアウト情報を一元的に保存し管理するコンテンツ管理システムのことで、様々なCMSが開発されてきましたが世界中のサイトの4分の1はWordPressで構築されていると言われ、世界最大のシェアを誇ります。

WordPressが人気の理由

WordPressはHTMLやCSS、PHPといったWebサイトを制作するための知識がある人が、オリジナルデザインのサイトを制作できるだけでなく、サイト制作のための知識があまりなくても、既存のテンプレートを使用してホームページを作ることができます。
また多くの人がWordPressを利用しているため、何か問題やトラブルが起こった場合でもネットを検索することで、自身で解決できことも多いです。その反面、拡張性と自由度が高いということは必要な作業工数が増えたり、質の良いサイトやデザインが綺麗なサイトを作るためには、それなりの知識と技術が必要なのも事実です。

WordPressの基本機能

WordPressは初心者の方でも安心してホームページやブログなど、簡単にサイトが作れる機能が充実しています。
ここではWordPressの主な機能をいくつか紹介します。

管理画面から新規作成とすべてのページ更新ができる

WordPressには管理画面があり、編集権限を持っていれば、すべてのWebページを管理画面から更新できます。
管理画面はブログなどを利用したことがある方なら、直観的に操作ができる見た目になっているので記事の新規作成はもちろん、あらゆるページのコンテンツ更新から、インターネットに公開する前のプレビュー画面、実際の公開までもかんたんに行えます。

カスタマイズが自由にできる

WordPressでは豊富なデザインがいくつものテンプレートとして用意されていて、便利な機能をいつでも追加できるプラグインもあり、好みや用途にあわせてカスタマイズが自由自在にできます。
テンプレートやプラグインは世界中の開発者により、次々と新しいものが登場しています。
これらの機能によってユーザーは、かんたんにコンテンツ作成やカスタマイズができるのです。

スマホにも対応するレスポンシブデザイン

スマホが爆発的に普及している現在、パソコンを使用している人よりスマホを使用している人のほうが多く、検索エンジンでも圧倒的にスマホが多く使われています。
スマホでのSEO対策を行うためにはレスポンシブデザインは必須であり、スマホに対応したレスポンシブテーマを使用することでWordpressで作ったサイトが、より多くの人に見られる可能性が高くなります。

検索エンジンの最適化

WordPressは最初から検索エンジン用にWebサイトの構成など最適化されています。
よりきめ細かなSEO対策をしたい場合には、SEOに特化したプラグインを利用することも可能です。

WordPressを始めるために必要なもの

WordPressはGNU General Public License(ゼネラル・パブリック・ライセンス)略してGPLのソフトウェアライセンスで配布されているソフトウェアなので無料で使うことができますが、それだけではWebサイトを公開することはできません。
ここではWordpressを始める際、必要なものを紹介していきます。

独自ドメイン

Webサイトを公開するためにはドメインを購入し、レンタルサーバーに登録する必要があります。
例えば「○○○.com」や「△△△.jp」のことをドメイン名と言い、これらを取得することで独自のURLでホームページを公開することができます。
また独自ドメインとは、世界中に1つしかない完全オリジナルのドメインのことで、自分好みの文字列を自由に指定して取得することができます。

 レンタルサーバー

URLにアクセスしたときに公開するページを保管するレンタルサーバーが必要で、一般的にはレンタルサーバーを借りて使います。
容量によって料金が異なりますが、最初は月額1,000円ぐらいのサーバーをレンタルして利用することが多いです。

WordPressのデザインテーマ

テンプレートを使用してWordPressを使用する場合、デザインテーマを選ぶ必要があり、テーマには無料と有料のものがあります。
テーマは後から自由に変更することが可能ですので、初心者の方であれば最初は無料のテーマを選ぶのが良いでしょう。
またテーマには自分で自由に作るオリジナルテーマもありますが、専門的な知識や技術に自信がない方やショップ独自のオリジナルデザインを希望されている方は、制作会社に相談するのがオススメです。

このようにWordPressというソフトウェア自体は無料ですが、WordPressを動かすためにはレンタルサーバーや独自ドメインが必要になり、それぞれ利用料が発生します。
また、自分で取得したドメインをご自身で設定し、ご自身で管理しなければなりません。
取得や管理が大変だと感じる方は、制作会社に依頼されるケースが多いです。

WordPressのメリットとデメリット

WordPressのメリットとデメリットは表裏一体で、長所と短所は切っても切り離せません。
ここではWordPressの良し悪しをかんたんに紹介します。

WordPressのメリット

・自由自在に新規サイトの作成と編集ができる
・HTMLやサーバーの知識がない人でも更新が可能
・豊富なプラグインで機能を増やせる
・豊富なテーマでデザインも変えやすい
・ブログだけでなくECサイトや店舗サイトなどにも使える
・Web上に多くの開発情報が出回っている
・ユーザーの管理が充実していて複数人での編集も可能
・スマホのアプリで記事が投稿できて仕事効率化になる

WordPressのデメリット

・サーバーへの設置は技術が必要
・ページの作成や管理に時間がかかる
・電話問い合わせといった個別サポートがない
・サイトの表示速度が遅くなりがち
・WordPressのシステムとプラグインのアップデートが必要
・セキュリティのリスク
・予約フォームはあるが予約機能はない

まとめ

今回はWeb上の4分の1ものサイトがWordPressを使用して作られていて、数多くの方々が活用しているCMSであることと、WordPressがどんなもので何ができるのか、使うにあたって必要なものや、メリットやデメリットなどについて紹介しました。
このようにWordPressとはドメインとサーバーを用意して、設定を行うことで記事が投稿できるサービスです。
豊富なテーマに便利なプラグイン、好みや用途にあわせて独自性の高いカスタマイズなど、WordPressは拡張性や自由度が高い人気のホームページ作成ツールです。
その反面、ドメインやサイトを管理するのもご自身となりますので、セキュリティ対策やバックアップなどはしっかり行う必要があります。
ご自身での作成や管理などが大変だと感じる方は、制作会社に依頼するのが良いでしょう。

Contact Us
お問い合わせ

ホームページやウェブマーケティングについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。
1営業日以内にご返信させていただいております。

お問い合わせはこちら